事務と一言にいっても多種多様にわたり、仕事内容は一概にはいえません。

医療事務の仕事内容

 

医療事務のお仕事は複数あります。
主な流れとしては受付・カルテ出し・パソコン入力・会計です。

 

  • 受付」は訪れた患者様に名前を書いてもらいチェックします。
  •  

  • カルテ出し」は受付の名前を確認した後、その患者様のカルテを出して適切な処理をして医師の方へ回します。
  •  

  • パソコン入力」は医師が医療内容を書き終わったカルテを見て内容を専用のパソコンに打ち込んで領収書を出します。
  •  

  • 会計」は医療処置が終わった患者様のお会計です。

 

 

医療事務の仕事イメージバナー

医療機関が病院であれば医療事務の人数が多いので

  1. 受付・カルテ出し
  2. パソコン入力
  3. 会計

を当番制で回すことができますが、クリニックであれば医療事務の人数が少ないので1~3の作業をすべて一人で行います。

 

ただ、医療事務のお仕事はそれだけではありません。

 

 

この1~3を行う間に電話対応であったり、書類作成であったり、患者様が困っていればその助けをしたりと大忙しです。

 

救急車が来たら真っ先に跳んで行き、保険証を預かってカルテを作らなければいけませんし、患者様が入院する場合は専用のカルテを作らなければいけません。

 

医師が必要だと言った昔のカルテをカルテ庫に探しに行くこともありますし、主に先生や看護師のサポートに回る仕事が多いです。

 

これらの仕事をマイペースに行っていると、医師や患者様を待たせることになりますので、
スピーディーに正確に行う必要があります。

 

医療機関での仕事は医師・看護師・医療事務・薬局事務・専門医師などが力を合わせて流れ作業で行うものです。

 

どこかで間違いがあると流れを断ち切ってしまうので他の部署にまで迷惑をかけてしまうことも多いです。ですので十分に気を付けて間違いのないようなお仕事をしなければいけません。

 

そして医療事務の仕事で最も大変なのが毎月、月始めにあるレセプト請求作業です。

 

これはパソコンに入力していた患者様の1ヶ月分のレセプト情報を間違いがないか一つ一つ見直し、確認する作業です。

 

 

レセプト作業イメージ

レセプトを全て見直して保険請求を行うのですが、間違いがあれば容赦なくレセプトが返戻されてきて、保険会社からの支払いが次の月に持ち越されてしまいます。

 

そのようなことがないよう十分注意して行わなければいけません。

 

病院のやり方によってもまちまちですが、月初めの一週間程度は本当に忙しく深夜まで働いている医療事務は大変多いです。
思いのほか体力や精神力が必要なお仕事であると思います。

 

そんな医療事務の気になる給料の相場とは!?

 

また、医療事務はお医者さんとの出会いはありますが、なかなか他の職業の人とは出会いづらいです。「同じ職場の人はちょっと…。」という方は、こちらのサイトなどを利用してみるのもいいでしょう。

 

ネット婚活サイト比較はこちら

 

 

 

医療事務の資格を取るには

 

医療事務の資格は就職するために必ず必要というわけではありませんが、取得しておいて悪い事はありません。就職に何かと有利に働きますし、あらかじめ医療事務資格の取得が必須と記載されている病院もあります。

 

良い就職先であればライバルが多いので自分のアピールポイントにもなりますし、取得しておいた方が良いでしょう。

 

この資格ですが、通学通信のどちらの方法でも取得できます。
医療事務といえばニチイやユーキャンなど通信講座によって資格取得を目指す人が多いです。
やはりその方が費用の節約になりますし、短期間で資格を取得できるからでしょう。

 

医療事務は通信講座のランキングにも常に上位にいる人気の資格となっています。

 

⇒資格取得に掛かる費用とは?

 

通信講座

講座はきちんとしたカリキュラムが設定されており、それに沿って行えば確実に資格取得を目指せます。自分の好きな時にじっくりと時間をかけて勉強できるので、真剣に医療事務の資格を目指している人なら続けられる思います。

 

ですが、中には自分一人で勉強をしようとするとどうしてもやる気になれない方はいます。
自分に厳しい人で努力が得意なら確実に通信講座で学習した方が良いと思いますが集中力散漫で自分に甘い人はこの方法はオススメできません。

 

 

通学

通学とは医療事務専用の短大や専門学校に通うことです。
ここではしっかりと講師が前に立ち、医療事務のノウハウを教えてくれます。

 

一緒に資格取得を目指す仲間もできますし、講座では学べない知識も多数、学ぶことができます。自分のペースではなく周りと一緒に勉強するため医療事務に必要な協調性も養えますし、実習の機会もあります。集団生活の中でしか学べないこともありますので、通学による資格取得を目指す方法もオススメです。

 

 

お手軽に「通信講座」を利用して資格取得を目指すか、実習などの経験も積める「短大又は専門学校」から資格取得を目指すかを決めるのは貴方です。

 

それぞれメリットもあればデメリットもありますので、よく考えた末にお決めください。

 

通信も通学もある「日本医療事務協会」のHPはこちら

 

医療事務の資格も一種類ではないので、自分が必要だと思う資格を取得する際にはしっかり勉強して挑んでほしいです。
試験会場で落ち着いて問題を解けるように取り組んでください。

 

>>医療事務が活躍する職場はこちら